オンラインゲームの日々の記録▄︻┻┳═一
朧村正は食べ物の描写にやたらこだわっている作品であります
それ故に残念でならないのが、作中に白菜を登場させてしまった事でありましょう
物語の舞台となる江戸時代には白菜は日本で栽培されておらず、当然流通などしておりません
理由としてアブラナ科である白菜を日本で栽培すると他のアブラナ科の植物と交配して雑種が進み安定的な栽培が出来なかったからであるという説があります
というわけで明治以降を舞台にした朧村正2を早急にVitaで出す必要があるわけであります

【2013/02/02 19:22】 | 中の人日誌
トラックバック(0) |
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿
URL:

Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック